細く見える水着特集♪デザイン・色別で選ぶポイントまとめました!

選び方

「水着になること」にお悩みの女性がたくさん!?

GWやお盆など、長期休みの予定といえばやっぱり「旅行」♡

カップルや友達同士で旅行の予定を立てる方も多い時期かと思います^^

海が綺麗な沖縄やハワイ、バリ島など、必ず候補に上がってくると言っても過言ではない、旅行好き女子には超人気スポットですよね!

リゾートホテルなら綺麗なプール付きだったり、海に直接飛び込めるヴィラが人気のものもたくさんあります♪

もしくは最近人気に火がついた「ナイトプール」に行こうと誘われることもあるかもしれません。

、、、ここで絶対に避けられないのが「水着になる」ということ!

透き通った海の色に、SNSで人気のオシャレスポットに立ち寄ったり、、、写真を撮る機会もたくさんあります。

せっかくのお出かけなのに、体型にコンプレックスがあることで自分に自信を持てず、

思いっきり楽しんで、心からリフレッシュできないのは悲しいですよね。

そこで本記事では、体型の様々なコンプレックスを上手に隠してくれて、

「細見えが叶う水着」をテーマに、デザイン・カラー別にまとめてご紹介していきます♪

デザイン別にまとめました☆細見え水着を選ぶコツ!

オフショルで二の腕を可愛くカバー♡

オフショルダータイプの水着が得意とする細見えは「二の腕カバー」です!

デコルテは広く開いているものが多いので、健康的なセクシーさも兼ね備えています。

「子供っぽくなりそう」という心配をしなくて良いのがオフショルダーのいいところ♡

胸元にフリルがついているデザインのものは、バストに立体感を演出することで、

メリハリがつけやすいのでナイスバディに見せることができてオススメです♡

しかし、オフショルダーでも上の画像のようにウエストが隠れてしまっている

「子供っぽい」印象になってしまい、

幼児体型で悩む方にはコンプレックスを目立たせることになり逆効果なので、

ウエストチラ見せできるデザインを選んで、肌見せでメリハリがつけられるデザインを選ぶのがポイントです♪

ビスチェタイプでオシャレに細見えが叶います♪

毎シーズン常に人気のデザイン「ビスチェタイプ」♪

なんと嬉しいことに、細見えにはぴったりのデザインなんです!

ウエストにフリルをあしらったデザインのものが多く、

腰回りをとてもナチュラルに細見えさせることができます♪

つい気になる部分は隠してしまいたい心理になってしまいますが、

細く見せたい体のパーツを「隠して」しまうのではなく、そこをあえて出すことで

水着のデザインに目線が行くようにすることがポイントです^^

洋服のように着ることができるので、ショートパンツやスカートと合わせて

海やプールだけではなく、フェスにもおすすめしたいのがビスチェタイプ♡

上の画像のように、ゆるっとしたパンツもセットで売っていたりもします。

フェスでさりげなく水着を着ているなんてとってもおしゃれですよね!

ファッションセンスがキラリと光るので、ビスチェタイプは洋服好きな方にもおすすめしたい細見えデザインです。

デザイン性の高さでさりげなく!ワンピースタイプ

細見えの心強い味方といえば「ワンピースタイプ」!!

ウエストからヒップにかけてしっかりカバーすることができるので、

身体のラインだけでなく、あまり見られたくないアザや傷などもしっかりカバーしてくれるのが嬉しいところ。

このように透け感を楽しめる「シアー素材」のものや、

https://www.instagram.com/p/CCu_0fSHqBH/

レース生地などと組み合わせた「異素材MIX」でデザインのバリエーションが豊富なのも嬉しいポイントです♡

このように、上半身の肩紐部分が首にかかっている「ホルターネック」になっているデザインのものは、

上半身をすっきり見せてくれる細見え効果が期待できます!

バストラインV字型に深く切り込みのあるデザインは、

デコルテを美しく見せてくれる効果があり、首も長く顔まわりがすっきりとして見えます!

ヘアスタイルもキュっとまとめて、高さを出して細見えの相乗効果を狙いましょう♪

ボトムにかけてスカートタイプになっていると、ヒップから太ももまでしっかり隠すことができるので人気のデザインとなっています^^

露出度高そう!?実はバンドゥタイプも細見えできる♡

バンドゥタイプの水着は、オフショルダーに比べて二の腕を隠すことができないので露出度が高い分、

「痩せ見えには向いていない」イメージを持っている方もいるのではないでしょうか?

バンドゥタイプが得意なのは「バストのボリューム感を演出する」こと♪

バスト部分がフレアになっているデザインで、ボリュームを出すことで

ウエストと対比させ、くびれているように見せることができます。

谷間がないことがお悩みのシンデレラバストの方にも向いているデザインなのですが、

細見えしたい方にもおすすめできる隠れ有能デザインなのです!

お腹周りをカバーして細見え♪「ハイウエスト」

ハイウエストデザインの水着は、お腹周りをしっかりカバーできるので、

ぽっこり下腹が気になるという方や、ウエストや腰回りのコンプレックスをお持ちの方に人気のデザインです。

上の写真のように布の面積が大きいものの方が、全体をすっぽり隠せるので気にならないイメージがありますが、

このようなデザインは布の面積が多く、逆にぼてっとして見えてしまうことがあります(T-T)

思い切ってサイドがレースアップのものをチョイスして、さりげなく「肌見せ要素」を取り入れることで、

きちんと抜け感が出せるので細見えにはおすすめのデザインとなります♪

デザインの組み合わせが重要!

それぞれのデザインに得意な「細見え効果」がありますよね♪

ということは、、

二の腕ウエストが気になるから、

オフショルダーのトップスハイウエストのショーツを合わせて

両方隠せば痩せ見え効果も2倍に♪」

このように組み合わせたい気持ちはとても分かるのですが

実は、、このアイデアは細見えにとって「大きな落とし穴」なのです。

細見えには「1箇所に絞る」が鉄則!

先ほどのように「気になるパーツを全部隠してしまおう」とすると

全体を布で覆ってしまうため水着の面積が増えてしまい

より「メリハリのない」ボディーラインのように見えてしまいます。

「細見え」とはすなわち「体にメリハリがあるように見せること」です!

バストにボリュームがあり、ウエストは引き締まっていて、ヒップにかけてまたボリュームがあるように見せることができれば、

緩急がついているので「太っている」という印象ではなく「メリハリがある」という印象を与えることができます。

「オフショルダー」で二の腕を隠したらウエストはしっかり見せたり、

「バンドゥ」タイプでバストを強調して「ハイウエスト」でウエスト・ヒップをカバーするというように

「いちばん細見えしたいパーツを厳選する」ことが

細見えでの鉄の掟と言っても過言ではありません♪

他のパーツを出すことに抵抗があるかもしれませんが、自分の体と向き合って細く見えるところは潔く出して、

隠したい部分も見えている部分と同じように細く見える錯覚を利用しましょう♡

細見えにはカラーも重要♪

細見えデザインが決まったら、お次は「細見えカラー」♪

それぞれの色の持つ特徴をきちんと掴んで、理想の細見えを目指しましょう!

細見えの王道♡「ブラック」の持つパワーは絶大です!

引き締めカラーとして名高い「ブラック」

お洋服でもブラックは引き締めカラーとして紹介されることが多いですが、

水着でもそれは変わりません

引き締めと同時にセクシーなイメージを与えることもできるので、

「隠している」というイメージを与えずに痩せ見えが手に入ります

各ブランドから毎年必ず新作がローンチされるので、お手軽に取り入れやすい細見えカラーなのが「ブラック」です♡

パッと目を引く「ビタミンカラー」☆

華やかで明るい色味がとても印象的な「ビタミンカラー」

↓下の画像のようにネオンがかったキツめのカラーは、派手すぎる印象になってしまうので注意です!

ネオンカラーはキツい印象を与えてしまいます。

水着がはっきりと目立つので、気になるパーツの印象が和らぎます。

写真を撮っても存在感があるので、POPな小物などと合わせてさらに気分をあげてくれるポジティブなカラーです♡

大人シックな細見え!「スモーキーカラー」

落ち着いた上品さを演出できるのが「スモーキーカラー」です。

ブラックほどシャープな印象を与えないのでクールすぎず、柔らかな色気のある雰囲気を出すことができます。

肌色を綺麗に見せてくれるのもスモーキーカラーの良いところ。

ちょっとくすみがかかっているので、小麦肌でも色白でも問わず、どんな人でも似合いやすいカラーなんです♪

ネイビーやカーキなどは取り入れやすく、取り扱いのあるブランドが多いので探すのも簡単です♪

細見えしつつ大人の雰囲気をまとえる「スモーキーカラー」

ぜひ挑戦してみてください♡

ふんわり「パステルカラー」で細見えはできるのか!?

柔らかく可愛らしいイメージのある「パステルカラー」も人気の色味ですが

ホワイト系・ピンクイエローなどの暖色系は膨張して見えてしまうので

あまり細見えにはオススメできない色味です。

パステルカラーの中でもパープルグリーン・ブルーなど寒色系の色味であれば、

暖色系のものと比べて膨張して見えづらいので、取り入れたい場合は

「寒色系のパステルカラー」をチョイスするのが無難です♪

センスの見せ所!「柄あり水着」で細見え♡

柄が入っている水着もたくさんリリースされています♪

ここからは細見えにおすすめの柄をご紹介していきます!

爽やかさナンバーワン!「ストライプ」

夏らしい爽やかな印象を与えてくれるストライプは、縦線のおかげで「横方向の面積が小さく見える」という視覚効果を持っています。

まさに細見えには救世主と言っても過言ではありません♡

特におすすめと言われているのは「ピンストライプ」

線が同じ幅のストライプよりも、太い線と細い線のコントラストによって

さらに縦線を強調してくれるので、細見え効果を倍増してくれます♪

夏らしさを出しながら、細見えも叶えてくれる最高の柄なのです!

可愛いけど細見えには絶対NG!!「ボーダー」

「ストライプ」と似ている「ボーダー」ですが、

こちらは痩せ見えには向かない柄ナンバーワンと言ってもいいくらい

避けることをおすすめします。

マリンスタイルっぽくて可愛いんですが、悲しいことに

ストライプと真逆で「横の面積を強調」してしまうんです、、、

同じボーダーでもホワイトの生地に太い線のボーダー」よりも

ネイビーの生地ホワイトの細い線のボーダーの方が

ピッチが同じ太さのボーダーよりも細見えさせることができるので、

ボーダー柄を選ぶときは色の配置・線の太さを念頭に置いてチェックしてみてください♪

「大きめ花柄」はこなれた雰囲気で細見えを狙えるんです♡

水着の柄でよく見かけるのが「花柄」

こちらもより細見えさせる柄の選び方のコツがあります♪

それは「柄がはっきりした大柄のものを選ぶ」ということ!

花柄に視線を集めることでコンプレックスも気になりづらいのが嬉しいポイントです。

大人っぽく、こなれた印象を出すこともできます♡

リーフ柄でも応用できます♡

ブラックスモーキーカラーがベースのものを選べば、色の力も相まってよりスッキリした印象に。

意外なおすすめ☆レトロキュートな「ドット」柄♪

レトロでキュートな「ドット柄」も、意外と痩せ見えする柄なんです♪

痩せ見えのコツは「モノトーン配色」「小さめドット」

同じデザインでもベースがブラックの方がスッキリ♪

ベースがブラックネイビー

ドットがホワイトのモノトーン配色なら

ベースカラーのおかげで引き締め効果が狙えます。

 

普段あまり水着を着ない人も、お洋服でもよくあるドット柄なら気負わずに水着でも挑しやすい柄とも言えます♪

水着のデザインはワンピースタイプをチョイスしてウエストをカバーしながら、ドット柄を取り入れるのがおすすめです。

プラスアルファのアイテムでワンランク上の細見え!

脚長効果も期待大♡「厚底ビーチサンダル」

ビーチでは脱ぎ履きしやすい「ビーチサンダル」が鉄板ですが、ほとんどの人がぺったんこのビーチサンダルをチョイスしています。

しかし!細見えを狙うならここはヒール付きの「厚底ビーチサンダル」を選ぶのが吉。

何と言ってもヒールがついているので「脚長効果」もセットでついて来るんです♪

縦のラインを強調する方が細見えするので、厚底サンダルは

もはや細見えにはマストアイテムですね♪

前底の方にも高さがあって、ヒールとの傾斜の差が少ないものを選べば、

ヒールが高めのデザインでも足が疲れにくいのでおすすめです♡

「パレオ付き水着」で写真映え&細見え!

https://www.instagram.com/p/CCsXu-CHYgq/
他の小物とブラックを合わせてツートーンコーデ♪上級コーデです!

どうしても水着だけでは心もとない、、そんな人でも安心なのが「パレオ」

たくさんのカラーや柄があり、巻くだけで一気に南国リゾート気分が高まるアイテム♡

柄がカラーがたくさんあるのも魅力♡

大きな布を巻きつけるだけなので、着脱もカンタンに行えます。

腰に巻くもよし、胸の高さからワンピースのように巻くもよし◎

隠してくれるパーツが多いので、コンプレックスが多い人でも安心して楽しめます。

海の家などで食事を取ったり、プールサイドで休む間にサラッと巻くのもおすすめ。

肌を覆う分、日焼けもしにくいので肌にも優しいパレオ♡

セットなら組み合わせも悩まずカンタン♪

ブラトップ・ショーツ・パレオの3点セットで売っていることが多く、水着とパレオの色味が合わせてあるので色合わせに困らず水着を持っていなくても一式カンタンに揃えることができます♪

パレオ単品で売っているものもあるので、もう水着を持っているという方は

お好きな色や柄のものをチョイスして、パレオのみを追加で購入することもできます♡

海やプールもめいっぱい楽しめる♡

細見えのコツをたくさんお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか^^

1度コツを掴めば、水着になる事を気にする必要なく、

おもいっきり旅行やバカンスを楽しむことができます♡

今まで体型がコンプレックスで、海やプールのあるレジャーや旅行先を避けていたという方も

お伝えした細見えテクニックを組み合わせて、コンプレックスをカバーすることで

思い出作りの選択肢がひとつでも増えれば幸いです♡

コメント

  1. […] 細く見える水着特集♪デザイン・色別で選ぶポイントまとめました! […]

タイトルとURLをコピーしました