【絶対日焼けしたくない人必見!】水着でも焼かない♡日焼け止め&ラッシュガード特集

ボディケア

夏のレジャーといえばキャンプやBBQ、花火大会などイベントが盛りだくさん。
1年で最も外でのイベントが多い季節なのではないでしょうか?(^^)

そして、、、それと同時に夏で最も多いのが「紫外線」!
海やプール、川など屋外に出かける機会もたくさんありますよね。
絶対日焼けをしたくない女性にとって、屋外で日光に当たらないのは至難の業。

そこで今回は、「水着になっても焼かない!」という方のために
日焼け止めの塗り方やおすすめアイテム、ラッシュガードのおすすめブランドをご紹介していきます!

  1. 日焼け止めの正しい選び方、知ってますか?
    1. SPFとPAの数値をチェック!
    2. SPFもPAも高い方がいい!?
    3. うっかり日焼けを防ぐ!日焼け止めの効果的な塗り方のポイントは6つ!
    4. 日焼け止めを塗り直すタイミングは?
    5. 顔用とからだ用の日焼け止めは使い分けましょう!
  2. 顔用のおすすめ日焼け止め3選♡
    1. ①RMK(アールエムケー) / UVフェイスプロテクター50〈SPF50+・PA++++〉
    2. ②AMPLEUR(アンプルール)ラグジュアリーホワイトWプロテクトUVプラス 〈SPF50+/PA++++ 〉
    3. ③KANEBO(カネボウ)グローバル スキン プロテクター〈SPF50+/PA++++〉
  3. からだ用のおすすめ日焼け止め3選♡
    1. ①&be(アンドビー)UVミルク 〈SPF50PA ++++〉
    2. ②Bioré UV(ビオレ)アクアリッチ ウォータリーエッセンス〈SPF50+ PA++++〉
    3. ③ADDICTION(アディクション)スキンプロテクター フェイス&ボディ〈SPF35・PA +++〉
  4. 最近の人気アイテムは「飲む日焼け止め」!
  5. 飲む日焼け止めのおすすめ3選♡
    1. ①HELIOCARE(ヘリオケア) ウルトラD
    2. ②Sunsorit(サンソリット)U・Vlock
    3. ③ORBIS(オルビス)サンピリオド
    4. 番外編!飲むビタミンC「リプライセル」
  6. 強いビーチの日差しから肌を守る!おすすめラッシュガード3選♡
    1. ①ROXY(ロキシー)
    2. ②Green label relaxing(グリーンレーベルリラクシング)
    3. ③CIAOPANIC TYPY(チャオパニックティピー)
  7. 実は目も日焼けする!?
  8. 肌を守りながら夏のレジャーを楽しみましょう!

日焼け止めの正しい選び方、知ってますか?

https://www.instagram.com/p/CErP_HsDBqs/

毎年たくさんのメーカーから日焼け止めが発売されますよね!
しかしきちんと日焼けを防ぐには、ただ日焼け止めを塗るのではなく、
たくさんの中から用途に合った日焼け止めを正しく選ぶことが大切です。

日焼け止めは正しく選び、正しく使わないとうっかり日焼けの原因になります。

早速選び方のポイントを見ていきましょう♪

SPFとPAの数値をチェック!

https://www.instagram.com/p/CFCLWs-gr-7/

日焼け止めのパッケージには必ず「SPF」「PAの記載がされていますよね。

まず「SPF」は、紫外線の中に含まれるB波を防ぐ指標になっています。
紫外線B波は肌表面に短時間でダメージを与えるので、肌の赤みや炎症、シミを引き起こす原因になると言われています。
日焼けの肌のヒリヒリも、紫外線B波が犯人なのです。

「SPF」の数値が高いほど、紫外線B波のカット効果が高まります。

次に「PA」とは、肌の奥まで届く紫外線A波を防ぐための指標。
紫外線A波によってシミが出来たり、ハリが失われてしまうので、こちらもしっかりカットしておきたいものですよね。

「PA」は、+の数が多いほど紫外線A波のカット効果が高まります。(1〜4個まで)

SPFもPAも高い方がいい!?

「SPF」も「PA」も、数値が高いほど紫外線をカットしてくれるので
「SPF50」以上で「PA++++」の1番強い日焼け止めを使うのが良いイメージがありますが、
数値が高いほど肌への負担も高くなってしまうんです。

https://www.takasa.co.jp/blog/250.php

なので、レジャーの時に使う強さの日焼け止めを普段の生活で使っていると、
日焼けは防げますが、肌荒れの大きな原因になってしまいますので注意が必要です。

最近は化粧下地やファンデーションに日焼け止め効果があるものが多いので、
普段のメイクの場合は軽めの日焼け止めで十分効果を発揮してくれます。

海やプールでのレジャーはSPF50、PA+++くらいのものを用意するようにしましょう!

うっかり日焼けを防ぐ!日焼け止めの効果的な塗り方のポイントは6つ!

https://www.instagram.com/p/CEA-J1UDnpv/

日焼け止めの正しい塗り方をマスターして、「うっかり日焼け」を防ぎましょう!

POINT1:日焼け止めはよく振ってから使う
POINT2:顔は1円硬貨大をとり、5カ所 (両ほお・額・鼻・あご)に置いてからのばす
POINT3:指全体を使って、大きく手を動かしながら優しく塗る
POINT4:全体に塗った後、もう一度重ねづけする
POINT5:首は10円硬貨大をとり、数カ所にのせ、軽く広げてなじませてから、下から上に向かってなじませる
POINT6:腕や脚は容器から直接肌へ線状に出して、大きく円を描くように優しく塗る

出典:ANESSA

http://anessa.shiseido.co.jp/shigaisen/howto_milk/

日焼け止めを塗り残しやすい箇所は、
眉間やまぶた、小鼻のわき、唇、フェイスライン、あごの裏、髪の生え際、耳、耳の後ろ、首の後ろなどです。

唇はとても刺激に弱く、紫外線に対してとても無防備な部分です。日焼け止め効果のあるリップクリームで丁寧にカバーしておきましょう。

http://anessa.shiseido.co.jp/shigaisen/howto_milk/

また、体で塗り忘れが多い部分は
手の甲、足の甲、体の側面、
ひざ、ひざ裏などが挙げられます。

特に足の甲は日焼け止めを塗り忘れると、サンダルの形に日焼けしてしまうので気をつけて!

水着の時は背中や腰回りもしっかり塗るようにしましょう。
塗りづらい箇所のため、水着を着る前に
日焼け止めを塗っておくことで
水着に日焼け止めをこぼしてしまう心配がありません♪

日焼け止めを塗り直すタイミングは?

https://www.hacoa.net/mirrorclock.html

日焼け止めは塗ったら終わりではなく、こまめな塗り直しがとても大切!

2〜3時間おきに塗り直すのが理想とされていますが、プールや海など水に濡れる場合は水で流れやすいので、2時間を目安に塗り直しておくと安心です♪

ちなみに塗り直しの時の塗り方は、少量をしっかり肌に伸ばすイメージです。
最初に塗った日焼け止めの効果が完全になくなっている訳ではないので、
少量でも効果が持続します!

メイク後の顔に塗り直すことに抵抗がある場合は、
スプレータイプの日焼け止めを使うのもおすすめですよ♡

顔用とからだ用の日焼け止めは使い分けましょう!

https://www.instagram.com/p/CEwBC8SDSvf/

実は「顔用の日焼け止め」「からだ用の日焼け止め」は使い分けるのが吉。

ポイントは顔と体の皮膚の違いにあります。
顔の皮膚は、体に比べるとデリケートで、皮脂腺も多く、鼻や頬骨などの凹凸が多いですよね。そのため敏感でトラブルがおきやすく、皮脂腺がつまりやすいのです。

「顔用の日焼け止め」は、保湿成分入りなどのスキンケア効果があるものや、
皮脂腺をつまらせないよう配慮されている成分、皮膚を綺麗でなめらかに見せてくれるメイク要素も含まれています。

「からだ用日焼け止め」は広い範囲に塗りやすいように伸びがよく、
ベタつきにくいような付け心地になるよう考慮されていたり、紫外線カットの数値も高いものが多くなっています。

顔用のおすすめ日焼け止め3選♡

ここまでは日焼け止めの選び方や塗り方をご紹介してきましたので、
次は人気の日焼け止めをご紹介していきます!
最初は「顔用日焼け止め」からチェックして行きましょう♡

①RMK(アールエムケー) / UVフェイスプロテクター50〈SPF50+・PA++++〉

https://www.instagram.com/p/B4WugVEl7HK/

まずは発売から大人気の『RMK』の顔用日焼け止め。

さらっとしたクリーム状ですが、肌に乗せるとまるで乳液のようなつけ心地にうっとり。
保湿効果も高く、乾燥肌の方に絶大な人気を誇っている日焼け止めです。

SPF50+・PA++++ なので、紫外線A波、B波ともにしっかりブロックしてくれます。

②AMPLEUR(アンプルール)ラグジュアリーホワイトWプロテクトUVプラス 〈SPF50+/PA++++ 〉

https://www.instagram.com/p/CEbVyb0jNW_/

2つめはドクターズコスメの『AMPLEUR』の日焼け止め。

こちらは「日焼け止め美容液」と呼ばれるほど、肌に負担をかけずに使えるもの。

しかも、こちらは紫外線だけではなく「ブルーライト」や「大気汚染」にも対応しています!

実は、肌の老化の原因は紫外線だけではなく
スマホやパソコンから発せられる「ブルーライト」が大敵なのです。

白浮きもせず、スッと肌に馴染んでくれるストレスフリーな使い心地で
肌になめらかにフィットし、肌老化の原因を徹底ブロックしてくれます!

③KANEBO(カネボウ)グローバル スキン プロテクター
〈SPF50+/PA++++〉

https://www.kanebo-cosmetics.co.jp/products/2034431

『KANEBO』の顔用日焼け止めは、
ウォータープルーフタイプで汗や水に強く、さらに付け心地にもこだわっています。
心地よいなめらかなクリームでスッと肌にのび広がり、うるおいのあるやわらかな肌を保ってくれます。
強い日差しでもデリケートな肌は乾燥するので、乾燥対策にもおすすめです♪
ちなみにこちらの日焼け止め、田中みな実さんも愛用しているんだとか

からだ用のおすすめ日焼け止め3選♡

ここからは人気の「からだ用日焼け止め」を3つご紹介していきます!

完売が続いている大人気アイテムから見ていきましょう♡

①&be(アンドビー)UVミルク 〈SPF50PA ++++〉

https://www.and-be.jp/fs/andbe/a012

人気メイクアップアーティストの河北裕介さんによるブランド『&be』
ボディ用日焼け止めは発売と同時に完売、なかなか手に入らないほどの大人気商品!

紫外線吸収剤を使用していないノンケミカル処方なのにSPF50・PA ++++を実現。
お子さんでも使えるほど肌に優しく、日焼け止めにありがちな白浮きもなし!
パールの微粒子が入っていて、肌色をトーンアップしてくれる嬉しい効果まであるんです♡

専用クレンジングもいらず、石鹸で落ちるのでデイリー使いもOKなイチオシアイテムです!

②Bioré UV(ビオレ)アクアリッチ ウォータリーエッセンス〈SPF50+ PA++++〉

https://www.kao.com/jp/bioresarasarauv/bsu_aquarich_essence_00.html

『Bioré』 からは「スーパーウォータープルーフ」といって、80分間水中でも落ちないという試験をクリアした日焼け止めが発売されました!

塗り直しても、重ね塗りをしても感動的に軽い、肌になじむ透明感はバツグンです!
ベタつきがなく快適な付け心地はさすが!
消耗品なので、ドラックストアなどで手に入れやすいのも大切なポイントですよね。
たっぷり肌に塗って日焼け対策ができちゃいます!

③ADDICTION(アディクション)スキンプロテクター フェイス&ボディ〈SPF35・PA +++〉

https://www.addiction-beauty.com/site/g/gMAFG/

『ADDICTION』の日焼け止めは、とにかく白浮きが嫌な方におすすめ。

乳液のようなテクスチャーで、伸びもよくしっとり。
微粒子の汗吸着パウダー配合なので、少しくらい汗をかいても肌をサラッと保ってくれるのも嬉しいポイント。

最近の人気アイテムは「飲む日焼け止め」!

https://veryweb.jp/beauty/50422/

実は日焼け止め、塗るだけではなく飲む時代なんです。

「飲む日焼け止め」はいわゆる非常に抗酸化作用が強いサプリメントというイメージ。

屋外で紫外線に当たった後、体内からダメージをリカバリーするサプリメントとして有効です。

しかし飲む日焼け止めだけでは日焼けを防ぐことは出来ませんので、
肌を焼かずに守るためには塗る日焼け止めはマストです。
あくまでサブアイテムとして取り入れるのがおすすめです。

飲む日焼け止めのおすすめ3選♡

「飲む日焼け止め」もたくさんのメーカーから発売されているので、
正直どれを飲んだらいいか決められない、、、という方も。
実際に効果があるのかも不安ですよね。

そこで「効果を実感した!」という反響が多い人気のアイテムをまとめました♡

①HELIOCARE(ヘリオケア) ウルトラD

https://www.heliocare.tokyo/?gclid=Cj0KCQjwqfz6BRD8ARIsAIXQCf2t7jzaAr_yV1Lm3kXtd33bOd6Nj9BsjGEuUMT6jMCYUkmJGKbBdSYaAtqfEALw_wcB

飲む日焼け止めといえばヘリオケア!といっても過言ではありません。

日本より先にヨーロッパやアメリカなどで販売されていて、とても人気があるアイテム!
なんと発売されたのは2002年と、20年近く前に登場しています。
スペインで発売以降、世界中の皮膚科で処方されている先駆け的商品なんです。
主成分のファーンブロック®が日焼けによる赤みや皮膚のダメージを軽減し、皮膚ガンのリスクを低減する効果もあると言われています。
日光を浴びる30分前に1カプセル服用し、長時間日に当たる場合は4時間後に1カプセル追加するとしっかり効果を感じられるようです。

日光に長時間当たるとグッタリと疲れますが、その疲れも感じにくいという口コミも♪

2回目の服用を忘れないように、日焼け止めの塗り直しのタイミングで飲めばバッチリですね♪

②Sunsorit(サンソリット)U・Vlock

https://www.sunsorit.co.jp/doctors/product/homecare/uvcare/uv-lock/

こちらは1日1粒の服用でOKなので、飲み直す必要のないサプリメント。

シトラス果実などを科学的根拠に基づき、Sunsoritが独自でブレンドしたUVケア成分が配合されています。
ビタミンC、ビタミンD、プロテオグリカンなど美肌のための成分も一緒に摂取できるので、日焼け予防&美肌が叶うと話題です♡

③ORBIS(オルビス)サンピリオド

https://www.orbis.co.jp/small/2303020/

国内の有名ブランド『ORBISから発売されていて、安心感が感じられるサプリメント。

出かける前にさっと2粒飲むだけのお手軽さと、
続けやすい価格が相まって人気の飲む日焼け止めとなりました♪

強い紫外線のもと育った南スペイン産のシトラスや、ローズマリーから抽出されたエキスからなる成分「ニュートロックスサン®」を筆頭に、
ビタミンCなど強い日差しに負けない成分をたっぷりと配合しています。

番外編!飲むビタミンC「リプライセル」

https://livonlabs.jp/

「飲む日焼け止め」ブームとほぼ同時に話題になったのが「飲むビタミンC」

美意識が高い女性たちの間で人気が高まっています。

その理由は、ビタミンCを点滴する美容医療と同等の効果がお手頃に手に入れられるというもの!

飲み方のポイントは4つ。

・空腹時に飲む
・飲んだ後、15分以上は何も食べないようにする
・飲み物と混ぜる場合は、冷たいものか室温のものにする(温かいものは不可)
・1日に飲む量は1〜2包(1包なら朝、2包なら朝・夜がおすすめ)

即効性を期待するなら、はじめは1日2〜3包飲むと良いらしいですよ♡

実はこちら、味はあんまり美味しいと言えない点が少し残念なところ。
体への吸収のしやすさがウリの商品なので、そこはグッと我慢して(笑)、
美肌のためなら気合いを入れて、水に溶かして一気に飲むのがいちばんスッキリと飲めます◎

くすみや肌のトーンがアップした!と効果を実感している方が多く、
日焼け止め対策に取り入れるのもアリですね♡

国内では販売しているところがほとんどないので、iHerbで購入する方が多いようです!

強いビーチの日差しから肌を守る!おすすめラッシュガード3選♡

日焼け対策として色々なタイプの日焼け止めに焦点を当ててきましたが、
お子さんと一緒にプールに行く場合など、「ゆっくり日焼け止めを塗り直す時間なんてない!」という方も多いと思います。

そんな時に重宝するのが「ラッシュガード」

最後におすすめのラッシュガードをご紹介します♡

①ROXY(ロキシー)

https://www.instagram.com/p/B_EKlCjgOJ0/

サーフブランドの『ROXY』はラッシュガードの宝庫♡
可愛いデザインに加えて高性能なので、愛用している人がとても多いです。
UVカットされているラッシュガードやパーカータイプのものも展開されているので、ボトムとの組み合わせが簡単なのも嬉しいですよね(^^)

②Green label relaxing(グリーンレーベルリラクシング)

https://zozo.jp/shop/greenlabel/goods/52006932/?did=83891888&rid=1071

ダボっとしたスウェットのようなフォルムが可愛いラッシュガード!

ぴったりしたラッシュガードではできない体型カバーも叶えてくれます♡

ユナイテッドアローズの『Green label relaxing』から昨年登場した形で、
即完売するほどの人気だったため、さらに改良を重ねて2020年に再登場したアイテムです。

大人っぽいカラーに加えてネック部分のパターンも計算して作られています。
海でも市民プールでもOKな、応用力の高いラッシュガードです♪

③CIAOPANIC TYPY(チャオパニックティピー)

https://www.instagram.com/p/CBJq47dHZWN/

『CIAOPANIC TYPY』からはカーディガンのようなラッシュガードが登場!

前ボタンで着脱がしやすいので、着替えに時間がかからないのが嬉しいですよね♪

短めな丈感が今どきのこなれた印象で、スタイルアップも叶えてくれます。
肌触りが良く吸水性がある「ジャガード素材」を使用しているので濡れてもさらっと快適な着心地。
カラー展開も落ち着いたトーンのブラウンやブラックなど、シックでおしゃれな印象に仕上げてくれます!
海やプールだけでなく、ランニングやヨガ、キャンプなどアクティブに夏を楽しみたい大人の女性は1枚持っておくと重宝するアイテムです♡

実は目も日焼けする!?

https://www.instagram.com/p/CD_aWFxB5mL/

実は、強い紫外線が影響を及ぼすのは皮膚だけではなく「目」にも大きなダメージを与えています。

角膜が紫外線を吸収すると、脳に「メラニン色素を作れ!」と司令を出してしまい
実際に肌が日焼けしてしまいます。

日焼け止めをしっかり塗ったりラッシュガードを着ていても、目は守れないもの。
サングラスで目を保護することも、肌を焼かずに美肌を保つには大切なポイントです。

肌を守りながら夏のレジャーを楽しみましょう!

https://www.instagram.com/p/CES3dHtBLCP/

「夏でもなるべく肌は焼きたくない!」

簡単にポイントをおさらいしてみましょう。

  • 顔とからだ用の日焼け止めはなるべく専用のものを使う
  • 飲む日焼け止めで内側からもサポート
  • 朝から1度塗って終わりではなく、2時間を目安に塗り直すのが大切
  • 長袖のラッシュガードで肌を直射日光から守り、露出しない
  • サングラスで目の保護も忘れずに!

気をつけることが多くて大変ですが、日焼け止めやラッシュガードなどシーズンの度に進化したアイテムが続々と登場しています。
シーズンならではのアイテムを駆使して、肌を守ってめいっぱい夏を楽しみましょう♡

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました